本文へ移動

草津市

食育の日・地場産物・郷土料理献立

・ごはん
・牛乳
・たてぼしとさつまいもの
 かき揚げ
・小松菜とはくさい菜の
 おかかあえ
・打ち豆汁
・近江米ムース
 毎月19日前後に設定する「食育の日」には、地場産物を使い、郷土料理献立を実施しています。
この日の地場産物は、米、小松菜、はくさい菜、青ねぎ、みそが草津市産です。滋賀県産の食材は牛乳、たてぼし、薄力粉、打ち豆、豆腐、みそで、近江米ムースの一部も滋賀県産であることを放送資料や掲示用もりつけ例に掲載し紹介しています。
 かきあげは、たてぼしの代わりに琵琶湖産すじえびを入れたり、季節の野菜や地元野菜のわさび菜(草津市では愛彩菜と呼びます。)、草津市の花である青花の葉と茎を粉にした青花粉を衣に入れたりして、手作りのかきあげを作っており、児童には大変好評です。
 草津市は和食を中心とした献立であるため、野菜の和え物やみそ汁、煮物を取り入れた献立が多いですが、塩分は月平均で1日一人当たり2.0g未満になるように心掛けています。


1
3
8
3
4
5
公益財団法人
滋賀県学校給食会
〒520-0044
滋賀県大津市京町四丁目3番28号
TEL.077-522-3066
FAX.077-525-4171
────────────────
1.物資供給事業(学校給食用物資の安定供給に関する事業)
2.普及充実事業(学校給食の普及充実と食育の推進に関する事業)
3.衛生管理事業(学校給食用物資の安全確保及び衛生管理に関する事業)
────────────────
TOPへ戻る