本文へ移動

米原市

ふるさと滋賀給食の日
・発芽玄米入りごはん
・牛乳
・かしわのじゅんじゅん
・小あゆの唐揚げ
・赤かぶの昆布漬け
・納豆
 米原市では、滋賀県および米原市の鄕土料理や地場産物を使った「ふるさと滋賀給食の日」を毎月一回取り入れています。
 「じゅんじゅん」は、鍋をじゅんじゅんといわせながら作る料理で、昔、お正月などの人が多く集まる時のおもてなし料理としてふるまわれていました。今回は、国と県の支援事業を受け、滋賀県産のブランド食材「近江しゃも」を使用しました。
 「赤丸かぶ」は米原市の伝統野菜の一つで、昔から、酢漬けや糠漬けなど、漬け物用として使用されてきました。竹と丸太で組んだ「はさ」に赤かぶを天日干ししてから漬け物に加工されます。
 
【滋賀県産】発芽玄米、牛乳、近江しゃも、丁字麩、小あゆ、納豆(滋賀県産大豆)
【米原市(湖北地域)産】精白米、焼き豆腐(米原市産大豆)、白菜、生しいたけ、白ねぎ、赤かぶ漬け、キャベツ
1
3
8
3
4
5
公益財団法人
滋賀県学校給食会
〒520-0044
滋賀県大津市京町四丁目3番28号
TEL.077-522-3066
FAX.077-525-4171
────────────────
1.物資供給事業(学校給食用物資の安定供給に関する事業)
2.普及充実事業(学校給食の普及充実と食育の推進に関する事業)
3.衛生管理事業(学校給食用物資の安全確保及び衛生管理に関する事業)
────────────────
TOPへ戻る